自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある? | 事業資金 借入 自営業


自営業者にとっても資金繰りは大事な業務!
上手な資金計画とその調達のポイントについて

自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある?

自営業者の事業資金の借入先はどのようなところがあるでしょうか?

まずは日本政策金融公庫などの公的融資制度が挙げられます。開業間もない自営業者には銀行は基本的に相手にしてもらえないので、このような公的融資制度が最初に考えられると思います。公的融資制度では、その自営業者が開業前のキャリアなどから、開業後の経営の成功の見込みを判断し、技術やサービス等に工夫をこらして多用なニーズにも対応していけるような手腕を測り、一定基準を満たした場合に雄うし可能と判斷されます。

次に銀行による融資です。銀行では開業間もない自営業者は基本的に融資を受けるのは困難です。ある程度業歴を積み、利益を出して実績を認められた場合には融資可能と判断されます。その借入には審査を通らないことには融資を受けられませんが、決算書や商業登記簿謄本などの審査書類が求められ、ある程度揃えるのには負担があります。借入できる金額は使途が明確なもののみにしか貸してくれないので、非常に計画的に融資計画を行う必要があります。

もっとも融通がきき、柔軟に融資をしてくれるのが、民間のビジネスローンがあります。赤字が大きい会社に簡単に貸してくれるというほど甘くはありませんが、基本的な審査書類とを揃えて申し込みをすれば比較的早く審査の結果がわかります。融資の申し込みから実行までそれほど期間をおかずに融資を受けることが出来るため、民間のビジネスローンを活用する自営業者は今とても増えています。

事業資金の調達
自営業者の資金繰り
ビジネスローン
資金繰りを明確にするにはどうする?事業資金と個人のお金を峻別しよう
New!
資金繰りを明確にするには
どうする?事業資金と
個人のお金を峻別しよう

事業資金の借入金利はどのように決まる?
PicKup
金利の決定のプロセスは?
事業資金の借入金利が
どのように決まるのかについて

自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある?
Point
自営業者の資金調達はどこから?
自営業者の事業資金の
借入先とその特徴