自営業向けの事業資金は公的融資以外にも多数ある | 事業資金 借入 自営業


自営業者にとっても資金繰りは大事な業務!
上手な資金計画とその調達のポイントについて

自営業向けの事業資金は公的融資以外にも多数ある

自営業者にとって銀行から融資を受けるのはかなりハードルが高いため、最初に日本政策金融公庫などの公的融資制度が思い浮かぶと思います。ただ、公的融資にも決して審査が簡単というわけではなく、審査に必要な書類はある程度手間を要するため、公的融資を利用できなかったという自営業者も多いかもしれません。

しかし、自営業者にとって、公的融資だけが資金調達の相手というわけではありません。現在では自営業者の間で利用者を伸ばしているサービスがありますがご存知でしょうか?

それは、民間のビジネスローンです。ビジネスローンでは銀行が運営するものと、消費者金融が運営するビジネスローンがありますが、銀行系のビジネスローンはやはり審査は厳しく、審査時に提出する書類も多いため、敷居は高くなっています。

自営業者にとって、事業を取り巻く環境はスピードを要するでしょうし、資金繰りにはかなり柔軟性を求められるかと思います。銀行系の借入はその使途を明確にする必要があるため、余分に借入をしておくといったことも出来ません。

それでは柔軟な資金繰りは困難になってしまいます。そのため、今、多くの自営業者に民間のビジネスローンが支持され、利用者を増やしているのです。民間のビジネスローンの審査は比較的書類が少なく事前の準備も負担が少ない上に、審査のスピードも迅速な対応をしてくれるため、自営業者にとってかなり利用しやすいサービスになっています。

民間のビジネスローンには自営業者向けのサービスもあるため、融資をうけやすい条件が揃っているので、資金調達先として、公的融資だけでなく、ビジネスローンを利用する事で、かなり柔軟な資金繰りが可能になるのです。

事業資金の調達
自営業者の資金繰り
ビジネスローン
資金繰りを明確にするにはどうする?事業資金と個人のお金を峻別しよう
New!
資金繰りを明確にするには
どうする?事業資金と
個人のお金を峻別しよう

事業資金の借入金利はどのように決まる?
PicKup
金利の決定のプロセスは?
事業資金の借入金利が
どのように決まるのかについて

自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある?
Point
自営業者の資金調達はどこから?
自営業者の事業資金の
借入先とその特徴