税金の支払い分を借入で賄うのも一つの考え | 事業資金 借入 自営業


自営業者にとっても資金繰りは大事な業務!
上手な資金計画とその調達のポイントについて

税金の支払い分を借入で賄うのも一つの考え

民間のビジネスローンは使途を明確に紐付けされているかわせはありません。そのためある程度使途は自由に選ぶことが出来ます。

例えばそれを税金の納付のために利用するというのもひとつの考え方であると言えます。

事業にかかる税金といえば、消費税や所得税、住民税などです。所得税や消費税はその時の確定申告で算定されるため、予定以上に納付金額が大きくなってしまうときもあります。

そのため、準備していた以上に納付金額が大きくなり、急な出費をせまられて資金不足という事もありえます。基本的に所得税は黒字が大きい時に税額も大きくなる性格があるため、納付の際に足りないと言っても事業はあるていど結果が出ている状況だと言えます。納付の時期に不足しただけ…となれば資金不足は一時的なものでしょう。

そういった、一時的な資金が必要になり、短期間だけ借りたいといったような短期的な借入には、民間のビジネスローンはとても最適といえます。

やはり審査に時間がかかったり審査のための書類が多く必要であれば難しいですが、民間のビジネスローンでは審査のスピードが早いため、迅速に対応出来るのです。

大きな金額の融資だと長い期間借入をする事になり、利率が高い場合には厳しい物がありますが、こういった一時的な借入の場合には民間のビジネスローンの利率でも対して影響がありません。このような柔軟な資金調達が出来るのは民間のビジネスローンの大きな強みとも言えます。

事業資金の調達
自営業者の資金繰り
ビジネスローン
資金繰りを明確にするにはどうする?事業資金と個人のお金を峻別しよう
New!
資金繰りを明確にするには
どうする?事業資金と
個人のお金を峻別しよう

事業資金の借入金利はどのように決まる?
PicKup
金利の決定のプロセスは?
事業資金の借入金利が
どのように決まるのかについて

自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある?
Point
自営業者の資金調達はどこから?
自営業者の事業資金の
借入先とその特徴